スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

やっとでました。 

待ちに待った新刊
前作「天の夜曲」を今手に取ってみると2002年6月発行となっている。
恐ろしくカメ更新
読んでるこっちは激しくイライラする.

しかし、そこは読者の弱い所。
続巻が出たとなれば読まずにいられない
早速アマゾンに発注。
花の回廊―流転の海第五部 花の回廊―流転の海第五部
宮本 輝 (2007/07)
新潮社
この商品の詳細を見る

昭和の時代。
宮本氏の生い立ちを”父と子”の世界に投影し
「自ら描くライフワーク」と公言。
この作品から氏の文学のバックボーンを見つめなおし
その他の作品をもう一度読み返し味わい直す事が出来る。
一冊で二度美味しいグリコみたいな作品・・・

流転の海 (新潮文庫) 流転の海 (新潮文庫)
宮本 輝 (1990/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

振り出しはこのタイトル
1990年となっている
オイオイ!カメもここまで来ると呆れるよ。
そろそろとしないと
最後までリアルタイムで読んでくれる人どんどん減るよ。要らぬ心配
ライフワークですね!
ハイハイ。ずーっとお付き合いさせていただきます。読者はツライ・・

そんなオイラはまだ読んで無い。
早く配達されないかなぁ
スポンサーサイト
[ 2007/08/07 06:32 ] 本棚 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/93-8e0dea4c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。