スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

山菜山行 

椎葉村 5月5日
五勇山 国見山
松浦 山崎 鈴木 徳留
 
五勇山まではブナの新緑が美しい。
石楠花の群生があるが、蕾は固く花にはまだ少し早い。
国見岳まで行ってピストン。

下山後、今夜の食料を現地調達。
半径100M以内で、タラの芽、ウド、筍、ワラビ、ヨモギ、と豊富。
早速テンプラでいただく。
初めて食べるウドに感動。
すっかりトリコになった。

5月6日
白鳥山 時雨山
 
 松浦 山崎 徳留
 
白鳥山は平家落人伝説の在る山らしい。
コブシの白い花を大量の追手の幟旗と間違って、もう逃げ切れないと思った落人たちは、白鳥山で自害したとされる。

白鳥の山頂で雨。
時雨をやる前にオヤジギャグかよ!

下山するかしばらく迷って、やっぱり行く事にする。
一時間くらいで時雨山頂へ。
真っ白い山芍薬ヤマシャクヤクの群生が見事!
止めずにここまで来てよかった。

下山すると首輪をした犬が、迷ったのか捨てられたのか、やせ細ったその姿に同情し昼ごはん用のパンやおむすびをあげる。ばくばく食べる。

帰り道、またワラビ、ウド、タラの芽などの山菜を採集しながら帰る。
山の恵み豊富な山行であった。





スポンサーサイト
[ 2006/05/07 19:29 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/9-ad8d4895







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。