スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

祖母~傾 敗退の記録 

足りないのではと思うくらい大胆に荷物を減らせば、スピードはあがるし、大自然を強く感じられる。エキスパートになるにしたがい、体につけるものは少なくすべき。
http://www.evernew.co.jp/outdoor/yasushi/yasushi3.htm
ネットで見つけた山野井泰史氏の語録集にひどく打たれてしまいました。

「僕の山行は、どれだけ荷物を減らせるのか?自然をどれだけ感じられるのか?」
↑今回のテーマをコレに決めてみました!決して自分を勘違いしている訳ではなく、単純に軽量化を体験してみたいだけ。彼はクライマーで僕はハイカー立場も全く違います 
 
 4年前、職場の健康診断で肥満、アルコール性肝機能障害疑、高脂血症疑、高尿酸血症疑と診断され 、。の文字が取れて本当の病気にならないように、重い腰を上げて始めた運動習慣。
今自分の持久力はどれだけなのか?
測る物差しはいくつかあるが、今回登山で、縦走という行為で計測してみたかった。
 
 そこで、考えたのが「秋にやった縦走をどれだけ短縮できるのか?」だ。
夏の遠征山行に向けて、どれだけ動けるかテストにも十分なる。
語録集に出会ったのはは火曜日。実行は今週の日曜日、なので準備は当たり前だが全くしていない(最近の山行はありんこの会の白鳥が最後)我ながら無計画の無謀な山行である。
計測する持久力は自分自身なので誰も誘えない。
本当はこっそりサイゴンさんを誘うが体力不足を理由に全く相手にされない 
秋はテント持って縦走だったのでそれなりの装備でそれなりの重量だった。
秋の行動時間は2泊3日で23時間30分となっている。
今回重量を5K(ツェルトとカッパ、ヘッドライト、携帯、ライター、それに水と行動食のみ)と想定し計画。その時は15k以上あったと思うので10kは減らせる事になる。
これで行動時間はどれ位短縮できるのか?
10k(重量)×23.5h(行動)×30k(距離)の運動量が軽減される訳だ。
算数の知識がないので(泣)計算が全く出来ないが単純に考えると大幅に時間短縮することが出来ると思う。おおざっぱに考えて5時間半位は短縮できるだろう(根拠は無い、あくまで希望OR妄想)とし、最低18時間行動を予定。
よって1ビバーグは必要とする事とした。
 
 早速ツェルトの手配。水曜日、携帯のメールでサイゴン氏に日・月空いてる?
「ハイどうぞ、でも私は付き合いません」と・・
梅雨終盤で毎日の雨。木曜からは天気予報チェック三昧。

 とうとう土曜日。決行か、中止か?
この時点で宮崎県北は大雨警報が・・
やめる理由には充分である。でも日曜はくもりの予報。
やめた後の後悔と、やめる理由の重さを天秤に掛ける事を最近覚えた。
「ツェルトまで借りたんだよ?」「でも警報が・・」「じゃ止めたら」
しばし逡巡、「やっぱり行きたい」で決行決定は13時。決めたら早い。
携帯する荷物をさっさと車に載せて上畑へ。
到着は19時、何もする事が無いので1人で前夜祭。
焼酎をあおる。
1人しかいない九折登山口。そうでなくても呑むのであるが、本当に寂しいので呑むしかない。

目が覚めたのは午前3時
準備を整え4時出発。ウォーミングアップと焼酎抜きを兼ねて健男社まで歩く
ヘッドランプも付けずに歩く真っ暗な林道。
濡れたアスファルトに蹄の音。
軽いのでたぶん鹿こんな所で正面にこられると怖いので活字にならない言葉で
大声で怒鳴る事3回!!!鹿君に気づいてもらい正面衝突は回避。
とぼとぼ歩く事45分で登山口。

登山口看板
DSC00408.jpg

地元の人の流し台。スポンジと洗剤が置いてある水場で水を汲ませてもらう。
DSC00405.jpg

5時に出発した登山道にも朝日が差し込む。
DSC00402.jpg

1204を6:18に通過。障子6:47通過。大障子7:42朝食をここで摂る。
確かその周辺で撮った画像。祖母はまだ遠く見える。
DSC00401.jpg

池の原8:44。尾平からの登山道との交差点9:01通過。
宮原では視界開けず。
DSC00400.jpg

祖母のテン場でオオヤマレンゲ?が可憐な花を咲かせて出迎えてくれる。
DSC00399.jpg
撮影しようと思い取り出したところメールの着信。サイゴン氏
「強行ですか?」「祖母のテン場です」と返信。「はや!」と・・「がんばります」と2通づつ交換。

行動食の基本。薄皮あんぱんで補充
DSC00398.jpg

祖母直下九合目小屋周辺で。
DSC00397.jpg

10:00
DSC00395.jpg

これから取り付く主稜線。
DSC00394.jpg
当たり前?だが、登山道では誰にも出会わない。
鹿の足跡をいつまでも追いかける静かな縦走路。

天狗岩。この方角から観ると天狗に見える。ウン
DSC00391.jpg


ヤマボウシ?も花盛り
DSC00390.jpg

古祖母11:40通過。この頃からだんだん天気も怪しくなる。
DSC00389.jpg

相変わらず何も見えない。
DSC00388.jpg

ここから尾平越まで一気に400以上下る。12:23通過。ブナ広場12:40。
DSC00387.jpg
ようやく中間点。
DSC00386.jpg
ここから本谷までは緩やかな上り、だが脚はいう事を聞かなくなる・・・雨も本格的になりカッパを着ける。記録も出来ないので記憶する。
本谷山13:50通過。笠松山14:40通過。
笠松からは下るのみ九折小屋3:15。
本当ならここで一泊の予定だった。
が予定より早いので行くか泊まるか迷う。
行くには1時間ほど時間が足りない。
泊まるには早すぎる。
仮にヘッドランプ付けて下山できたとしても増水しているので、観音滝の上で渡渉が出来ない。林道迂回をしなければならないのでさらに時間がかかる。
この先でツェルトを使ってビバーグするほどの計画でもない。
(サイゴン氏のお守り代わりのツェルトは新品で未使用)
祖母~傾。課題を残すのも今後に良いトレーニングのモチベーションになる。
今回どれだけ行動できるかがサブテーマなのでここで下りたほうが一日の行動量は多い。
よし止める理由作りなら任せろ
つづらからは沢の音を聞きながら下るだけ。
駐車場で13時間待っていてくれた愛車。
17:00終了
DSC00383.jpg


昨年の夏に引き続き課題を残す山行となってしまった、が、今後のトレーニングの励みになります。きっと。
1人じゃ寂しいので今度は誰かを捕まえて秋頃再チャレンジします。


↓行動食の残骸
DSC00385.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/07/08 20:30 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/80-0d07fb7a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。