スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

残雪の霧島 

韓国岳~獅子戸岳
 萩之茶屋 8:30 ~ えびの高原 9:40 ~ 韓国岳 10:40~ 獅子戸岳 12:10 ~ 13:00 ~韓国岳 14:10 ~  えびの高原 15:20 ~ 萩の茶屋 16:20

「樋口 川崎 齊藤 徳留」

 えびの高原から韓国岳へ。小林盆地から臨む霧島には雪がうっすら残る。
韓国岳から獅子戸への降りは、雪融けの黒土にスリップ注意。
獅子戸まで行って引き返す途中昼食。
 今度は韓国への登り。当然、スリップ注意。足下の状態で時間は大きく左右されるコースである。
スポンサーサイト
[ 2006/02/13 19:43 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/7-904626bf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。