スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひむか神話街道 

日曜日のツーリングが中止になったので寄り道して帰ります。

DSC01864.jpg
美しい朱色の鳥居あ~日本人でよかった!
参道を歩くときはいつも身の引き締まる思い・・・
DSC01865.jpg

巨樹百選に選定された樹が2本もあった。
DSC01866.jpg
自然の造形美に感嘆するしかない。
DSC01867.jpg

DSC01868.jpg

DSC01859.jpg

DSC01860.jpg

DSC01861.jpg

狭 野 神 社 (旧 宮幣大社宮崎神宮別宮、現 別表神社)
御祭神 神日本磐余彦天皇 かむやまといわれひこのみこと(第一代天皇)
配 祀 吾平津姫命 あひらつひめのみこと
 当社は、孝昭天皇(人皇第五代)の御代、神武天皇の御陵誕の地に社殿の創建があったのが当社の創祀という。その後、再三に亘る霧島山の噴火により社殿等炎上の災厄に遭ったが、慶長15年(1610)現在地に社殿を造営還虚された。その他、薩摩藩主島津氏より社殿の改築、社領の寄進等が行われた。
 太古、天皇は日向の国(宮崎県)より大和の国(奈良県)に入り、幸酉の春(2月11日)橿原の宮に即位された。我が国ではこの年を建国の時として紀元元年としている。そして天皇は、民主安定を目標とし、同胞一体、国土の開発経営に当たられた。その治績徳望を称へて、始取天下之天皇(はつくにしらすすめしみこと)とも申し上げている。
 ここに日本国の基礎、政治の基本が定められた。日本人は神武天皇を建国の英主と仰ぎその聖徳を忘れない。また天皇は127歳迄長命であったと言われている。
 当社は、古来霧島六柱権現(霧島神宮他)の一つとして、事始めの神(事業所安全)、厄除開運、交通安全、子供達の守り神、長寿の神として人々の篤い崇敬をあつめている。 
DSC01863.jpg

DSC01858.jpg

西参道はこんな感じ

DSC01857.jpg

スポンサーサイト
[ 2007/06/18 22:05 ] ローカル | TB(0) | CM(1)

お久しぶりです☆

すごいのみつけましたよ♪
http://jeeee.net/url/13750.html
[ 2007/06/19 20:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/67-9ffb4feb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。