スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今、7巻まで出ています 

当たり前ですが、僕の本棚にも結構マンガ本があります。
はじめてのマンガ本の紹介。

あんまり山岳もののマンガって見かけないですよね。
レアなジャンルのなかこのコミックは結構頑張ってる。と思います
しかも作者は女性。ワンゲル出身らしい。
イカロスの山 1 (1) イカロスの山 1 (1)
塀内 夏子 (2006/03/23)
講談社
この商品の詳細を見る


21世紀になって8,000Mの未踏峰が見つかったという設定。
「マンガ本だからなあ」と広~い心で一気に読んでみると楽しめます。




マンガ本の後には本格的に読んで見ます?

垂直の記憶―岩と雪の7章 垂直の記憶―岩と雪の7章
山野井 泰史 (2004/03)
山と溪谷社
この商品の詳細を見る


クライミング好きな人で読んでない人はたぶんいないと思います。
読んでないあなたもぐりと言われても仕方ない。
圧倒的なストーリーで世界の巨峰に飲み込まれてしまうでしょう。
もちろんノンフィクションなので臨場感と緊張感、どうかすると
達成感まで味わうことが出来ます。


ルポルタージュの名手
沢木耕太郎
凍
沢木 耕太郎 (2005/09/29)
新潮社
この商品の詳細を見る


やはり山野井泰史氏を描いているものである。
作者はクライミングという行為を素材にして書いたこの作品で
第28回講談社ノンフィクション賞を受賞。

こちらも必見!
スポンサーサイト
[ 2007/05/26 19:01 ] 本棚 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/55-d513febc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。