スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

忘年登山 

高千穂の峰
12月17日
「 石井会長 原口 松本晃 松浦 池田 鈴木 小山田 
川崎 岡田 甲斐 後藤 齊藤 福永 宮田 徳留」

 8:55 登山口 ~ 10:30 展望所 ~ 11:05 山頂 11:20 ~ 12:45 登山口 ~ 13:40 解散 

 恒例の忘年登山で高千穂の峰。私は初参加。去年の忘年会は雪であったがなにやら今年も怪しい雲行きである。
私は昨夜の忘年会の酒がかなり残っているので、まだふらふらである。
天孫降臨ルートを行く宮岳メンバーに15番目でのろのろ着いて行く、その吐く息は、まだアルコールい~っぱいである。
前を見る余裕など無くただ黙々歩くと展望所。
ここで池田さんの差し入れのお饅頭を勧められるが、見るだけで胸焼け、辞退する。
今日の撮影は何故かマクロモードにしていたため、粗い画質になってしまいました。
画像はクリックすると大きくなります
dc121701.jpg

休憩をおえしばらく登ると雪がチラホラ舞いだす。
さらに行くと本格的に降り出すので雨具を着ける。
dc121705.jpg
↑頂上直下の会長と晃さん
dc121706.jpg

山頂で宮崎第一高校の空手部の生徒3人がどの方角に降りていいか分らないという。聞けば、みんなでバスに乗ってやって来たが途中で他の人たちは、下山したらしく頂上に着いたのはこの3名だけだという。
心配だから誰かついて下山してやろう、ということになり、晃さんと後藤さんが引率。
強風と雪のため山頂には長くとどまらずさっさと下山。
う~さむ
dc121709.jpg

 酔っ払って登り始めたので登山ルートの最初のほうには全く記憶が無い。よっぽど朝は辛かったんだろうな。
無事駐車場に到着!
dc121710.jpg

 松浦さんが晃さん、後藤さんを河原まで迎えに行っている間に昼食を済ませる。帰る前に見事な虹。撮影モードの間違いに気づいていればもっとまともな画像になったはず。滅多に見れない虹のアーチにしばらく見とれて解散。
dc121711.jpg

さて皆様、本年は色々な山行をご一緒していただき本当に有難うございました。
皆様のおかげで本年私、いろんな場面で少しだけ成長したなぁと実感する事が出来ました。来年も色々とお力をお借りする事があると思いますが、本年同様ご指導して頂きますようお願いします。

の向こうにきっと明るい2007年がありますようにと願い、2006年の山行を締め括ります。

dc121801.jpg

今夜、夕飯食べながら眠ってしまった我が家のチビ。三男坊。
あまりにも可愛ので「親バカ」期間限定で公開します。
スポンサーサイト
[ 2006/12/17 16:23 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatihonomine.blog83.fc2.com/tb.php/16-8a4e406e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。