スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

槍ヶ岳に行って来ました。 

去年からの課題であった

北鎌尾根

を歩いてきました。

DSC01912.jpg

北鎌尾根が終わった翌朝から雨にたたられ、
その後の縦走はあきらめて帰りました。
詳しくはまた、報告します.
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
[ 2007/08/31 17:40 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

明日から山登りです。 

明日から夏休みです。
中房温泉~燕~槍~行ける所。までの計画
この行ける所までってのが計画になるか?が大きな疑問!ですがね!

最終チェックに余念が無い。
DSC00684.jpg

食料、衣類、使わないがお守り代わりのクライミング用品。
行動食、医薬品、その他携行品の打ち合わせ。
で重量はどれくらいでしょうか?
2人で25Kになりました。
軽量化は今回も計画倒れになるのか・・・・?
オイラの力水20度、900mlは譲れないし・・
サイゴン氏は甘いものを譲らないし・・・(まだ、買おうとしてます)と白状。
本当はオイラも後2合位はこっそり持って行きたいけどね!
結局、体力勝負になりそうですね!
それでは、明日から行って来ます
人気blogランキングへ
[ 2007/08/24 20:42 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

綾南川に行ってきました。 

今年最後の川遊びは、テントで外泊。
DSC00683.jpg

次男と三男
DSC00682.jpg

次男熱中?
DSC00680.jpg

ズ~ン
DSC00679.jpg
岩カメ?
潜ってたオイラが見つけました。
すぐ、捕獲。
DSC00677.jpg

この500円玉サイズは
とってもハジケタ見知らぬお兄ちゃんが捕ってくれました。
子供の観察眼でやっぱり岩カメ。
DSC00676.jpg

カルシファーの話に盛り上がりながら
焚き火
DSC00675.jpg

DSC00674.jpg

DSC00673.jpg
たっぷり遊んだ後はお楽しみの焼肉
DSC00672.jpg
豚肉が一番人気
DSC00671.jpg
せせりが大関  追う牛肉は力及ばずほとんど父親の胃の中へ・・・ 経済的に育ちました。
DSC00670.jpg

DSC00669.jpg

3人揃ってオシッコ中 次男      長男      甥っ子
DSC00668.jpg


DSC00667.jpg
やっぱりカルシファー談義で夜が更ける。
DSC00666.jpg

人気blogランキングへ
[ 2007/08/19 16:43 ] 子供 | TB(0) | CM(0)

キャンプへGO!! 

夏休みも終盤
そろそろ子供等もお疲れです!
真っ青な画像の訳は・・・・
DSC00654.jpg
テントの中。だから・・
たった今から、川遊び&外泊。
大人だったらテント無し!
となっても何とか寝れるけど未就学児童は「そうもいくまい」
と山岳会から借りて来たテントの確認。
子供等は居住性の確認!
「早く行こう、行こう」とせがむ。
従兄弟が来るまで時間があるんで
まだ待たせてます。
DSC00655.jpg

撤収したら
キャンプへ行って来ます。
[ 2007/08/18 09:21 ] 子供 | TB(0) | CM(0)

田んぼをみけいたっくっじ 

我が家の田んぼ
DSC00587.jpg

子供の頃
「父ちゃんは?」
「田んぼ」
良くこんな会話を母親としてました。
今じゃ朝起きて犬の散歩が済むと
「田んぼを見けいたっくっじ!」

定点観測を続けるこの周辺は我が家の田んぼで一番
成長が遅い。
水の落とし口近くで水の乗ってない時間
が多いのかな?理由はそのうち分かるようになるでしょ。
DSC00586.jpg

ショウガ
DSC00585.jpg
「おげんた、みごちどが!」母親、自画自賛。

ゴボウ収穫後の畑
「草山になけたじ、かかじっちよっくり!」
DSC00584.jpg
どこで見ているのか、サギが訪れてきます。
自分で作業をするまではロータリーの後ろ
に付いて、耕した土の中の生物を
捕食するだけと思ってた。
DSC00583.jpg

DSC00582.jpg

DSC00581.jpg
前輪のこんな近くにも寄ってきます。
もちろん作業中。
トラクターは今も走ってます。
時速4K位でノソノソですが・・・
DSC00580.jpg

DSC00579.jpg

理由はこう。
オイラのトラクターが草を掻き分け進む
昆虫がビックリして飛び出す
草が無いんでロックオンして捕食が容易である。
その為草の無い方のタイヤ側に着いて歩く。
DSC00578a.jpg


ちなみに目視出来たサギの好物?獲物。は?と言うと
なんと!!野鼠 生きたまま丸呑み!
コオロギ
あとは、普通のバッタでした。
ネズミの丸呑みは目の前で見ると感動します。

草山のタイヤ側には決してサギは付いて来ませんでした。
DSC00577.jpg
こんな事を考えながら、写真を撮りながらの
農作業

帰り道。
カブトムシを捕まえる。
DSC00575.jpg

[ 2007/08/13 07:19 ] 農業 | TB(0) | CM(0)

大幡沢 C沢に行って来ました。 

2俣になってるココでAB沢と分岐
DSC00617.jpg
イワタバコ?が美しい
DSC00616.jpg

泳ぐ人
DSC00615.jpg
1枚じゃ収まらない40Mの滝は今回は右を巻きます。落石注意!
DSC00611.jpg
DSC00612.jpg
↑デジカメ画像を上手く繋ぎ合わせるフリーソフトの情報求む!

40M滝を上から。勾配が分かりにくいが画像上部に水は流れて落ちる。
この写真の上部からスッパッと切れている。
DSC00609.jpg

DSC00608.jpg
↑↓コメントのし様が無い画像。取り敢えずUP
DSC00607.jpg

中央突破で登ろうと試みるが水量が多いんで
敢え無く敗退
前回は難なく登ったんだよ!
DSC00606.jpg
ここでオイラは降りて左(右岸)を巻く。
他の3名は右(左岸)を巻く。(右岸、左岸は海の方を見て理解してね!)
そして暫らく消息不明ガーン!になるオイラ。
沢は声が通りません。要注意!
ロスタイム約15分

一見簡単そうに見えます。
よ~く観察すると手がかり足がかりの無い
ツルンとした滝。
前回登ってないんで、今回の課題でした。
DSC00605.jpgDSC00604a.jpg


左奥。
画像に決して写らない場所にある、正解のカチガバ目指してガンバル。
この画像では↓この辺かなあ?      
DSC00603.jpg
果敢にチャレンジする同行の氏
DSC00602.jpg
逡巡しながら上右左
DSC00601.jpg
濡れた岩に沢タビ。さらに確保、スポット無し。
乾いた状態のクライミングシューズなら
5級位かな?
ここは沢なんで4級くらいのボルダーグレイドが出来る人なら
一撃可能でしょう。
DSC00600.jpg
今回僕は1回のチャレンジで無事?
卒業しました。
となるとやっぱり6級かぁ?
という事でどうでしょう?komatsuさん?

クラックがあるんで結構大丈夫。
DSC00599.jpg

↓ちゃんと越した後、
「そこで待ってて!」
のヤラセ画像。
DSC00598.jpg

ここで昼食 11:45

午後の部 12:15 スタート
DSC00597.jpg

スケール代わりに立たされる会員
DSC00595.jpg
この滝の奥に少しだけ見える滝がC沢最後の滝。
テンパッてて写真撮るのを忘れてました。

その後はこんな感じで源流まで。
DSC00594.jpg
今回、源流までいかずここで右岸へ
道は無い。
DSC00593.jpg

途中、高原町を一望。
光太郎風に「樹下の人」
「あの光るのが高崎川・・・・・」
和子は言った・・・?
DSC00592.jpg
分からないあなたは智恵子抄で勉強
智恵子抄 智恵子抄
高村 光太郎 (2000)
新潮社
この商品の詳細を見る


相変わらず道は無い。
尾根と尾根とを検証しながら進む。
DSC00591.jpg
さっき巻いた40Mの滝。
反対から見ると迫力は増す。
DSC00590.jpg

作業道まであと少し 14:00
DSC00589.jpg


人気blogランキングへ
[ 2007/08/12 14:15 ] | TB(0) | CM(0)

大幡沢に行ってきました。 

皇子原公園に8時集合して、登山口で準備。
登山開始は 8:20
DSC00645.jpg
ごく普通の杉林
DSC00644.jpg

大幡山岳会の方が設置した?立派な看板
DSC00643.jpg

入渓直後 8:48
DSC00642.jpg

DSC00641.jpg

DSC00640.jpg

DSC00639.jpg

DSC00638.jpg

沢人さわんちゅ僕が勝手に命名必携
九州の沢と源流 / 吉川 満クリックしてね!アマゾンで発注)
には大幡沢は上級とある。
私たちは先週甘茶谷でウオーミングアップして来ました。
沢登は危険です
それなりの覚悟と装備で臨んでね!
DSC00636.jpg
今回いきなりロープを使う。
DSC00635.jpg

DSC00634.jpg

DSC00633.jpg
ビビルサイゴン氏 
   
↓余裕のkomatsu氏
DSC00632.jpg


DSC00637.jpg

DSC00631.jpg
↑二の滝 と記念写真↓
DSC00630.jpg
アブミを掛けて二の滝は越す予定でしたが水量が
多いんで巻くことに決定。
相変わらず課題の残る山行です。

巻き道から次の滝を見ていると
「どうするの?巻くんでしょ?」
前回、右側に残置してあるハーケンを確認してるんで
珍しく迷わず
「登ります」
DSC00629.jpg

荷重かけたら簡単に飛んで行きそうな
残置でkomatsu氏にセルフを取ってもらい
「1本掛けたらコールします」
声を掛けてからリードするオイラ
DSC00628.jpg

左にトラバースして2M位登れば見える。
DSC00627.jpg

早速お世話になります。
「とりました~」とコール。
DSC00626.jpg
ここからがこの滝の核心
DSC00625.jpg
ビレイポイントから。
DSC00624.jpg
この滝はビレイしながらの撮影は困難

DSC00622.jpg

DSC00621.jpg

共に遡行をした宮岳3人 8/12 10:04
DSC00620.jpg
以下 続きはまた今度。
[ 2007/08/12 10:04 ] | TB(0) | CM(2)

初登場 実家の番犬 

朝焼けの中
散歩に連れて行きます。
DSC00648.jpg
5時半になるとゴソゴソ起き出してたっぷり1時間。
DSC00646.jpg

走る!「ラム
DSC00647.jpg

[ 2007/08/12 05:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

昨日届きました 

松坂熊吾とその息子、伸仁の物語。
その第5部。早速今夜読んでみます。
DSC00565.jpg

こんな感じで完全包装。
怪しいタイトルでもレジを通らず購入できる。
お金は払うんですよ、誤解の無い様に!今回カードでお支払い。
手数料、配達料、無料!
DSC00566.jpg
火曜発注→木曜配達
ネットって便利デスネ!

ハイ仕事中。
DSC00568.jpg
のんびりぶどう狩りじゃないよ・・
地元の人とコミュニケーションで情報収集。
DSC00571.jpg
でも気になるのはやっぱりブドウ
「品種は何ですか?」
「巨峰です!」
DSC00570.jpg
しっかり子供にお土産は頂いて帰りました。
ハウスのオーナーの言い値2k 1,500円 安いのか高いのか分からない・・・・・

DSC00574.jpg

DSC00573.jpg

[ 2007/08/10 07:20 ] 本棚 | TB(0) | CM(0)

やっとでました。 

待ちに待った新刊
前作「天の夜曲」を今手に取ってみると2002年6月発行となっている。
恐ろしくカメ更新
読んでるこっちは激しくイライラする.

しかし、そこは読者の弱い所。
続巻が出たとなれば読まずにいられない
早速アマゾンに発注。
花の回廊―流転の海第五部 花の回廊―流転の海第五部
宮本 輝 (2007/07)
新潮社
この商品の詳細を見る

昭和の時代。
宮本氏の生い立ちを”父と子”の世界に投影し
「自ら描くライフワーク」と公言。
この作品から氏の文学のバックボーンを見つめなおし
その他の作品をもう一度読み返し味わい直す事が出来る。
一冊で二度美味しいグリコみたいな作品・・・

流転の海 (新潮文庫) 流転の海 (新潮文庫)
宮本 輝 (1990/04)
新潮社
この商品の詳細を見る

振り出しはこのタイトル
1990年となっている
オイオイ!カメもここまで来ると呆れるよ。
そろそろとしないと
最後までリアルタイムで読んでくれる人どんどん減るよ。要らぬ心配
ライフワークですね!
ハイハイ。ずーっとお付き合いさせていただきます。読者はツライ・・

そんなオイラはまだ読んで無い。
早く配達されないかなぁ
[ 2007/08/07 06:32 ] 本棚 | TB(0) | CM(0)

土用干し 

自宅の前の公園でセミがうるさく鳴いています。
DSC00556.jpg
そういえば今年、まだ干してなかったんだ!早速覗いてみる。
久しぶりのご対面。
DSC00563.jpg
↓7月にシンクいっぱいの紫蘇を塩もみして漬け込んでおいた。
DSC00440.jpg

いい感じ!
DSC00561.jpg


今日の朝から3日3晩からっからになる様に干し上げます。
お天道様よろしくお願いします!
DSC00564.jpg

DSC00559.jpg

DSC00557.jpg

剪定した松の芽はもう秋の準備を始めてました。
DSC00555.jpg

[ 2007/08/05 10:41 ] 農業 | TB(0) | CM(0)

納涼花火大会 

DSC00550.jpg
年に一度の花火大会へバスに乗って出かけます。
DSC00554.jpg
橘橋の南詰め 大淀川右岸 橋から上流約300M地点に陣取りました。
仮設トイレが近いから・・・子供は突然「オシッコ」
本当はビールを吞むからか?
DSC00553.jpg
「今年は台風のせいで準備が遅れてます」連呼する主催者 
子供は待ちくたびれる。三男はすでにオネンネ。お父さんのビールはもう無くなる・・・

ようやく打ち上げ。 8:30頃
DSC00552.jpg

DSC00551.jpg

DSC00549.jpg

DSC00548.jpg
次男の背中
こんなに近くで花火を観るのは初めて。
ぴょんぴょん飛び跳ねて全身を使って感動を表現する。
その澄んだ瞳で見た夏の夜空をいつまでも忘れないで欲しい。
DSC00549.jpg


[ 2007/08/04 22:45 ] 子供 | TB(0) | CM(0)

甘茶で遊んできました 

台風一過
夏空になった土曜日今年初の沢登り
DSC00502.jpg

今日の装備(使用後です)
左上から右回りに
カッパ (寒さ対策)真夏でも寒いのさ!沢遊び!
ヘルメット  落石注意!オイラはいつもMTB用を使用
沢タビ  必須
ロープ  お守り
確保器(ATC)  ビレイ用 
ヌンチャク フリークライミング以外では「カラビナにスリング」を使ってます。カラビナ外せばスリングとして使えるから・・・
ハーネス ロープ使うような場所がよくあります。
DSC00499.jpg
沢登りは危険です
万が一このブログ見て、もし、沢登りがやりたくなったら、経験者に指導してもらいましょう
そんな人いないか!

台風の後、ズタズタになった林道
DSC00542.jpg

DSC00501.jpg

落石注意看板
今回崩壊
落石が多いのはそういう場所だから?!
DSC00503.jpg

DSC00504.jpg
写真だと規模が分からないんで比較対象のためサイゴン氏に立ってもらう。
DSC00505.jpg

山は危険がいっぱい。
分かり辛い画像ですが、マムシ
DSC00538.jpg
今回遭遇した危険な生物 マムシ×2 スズメバチの巣×1
甘茶に行かれる方最初の釜を過ぎて最初の2段滝の右側に蜂の巣があります。要注意!
因みに甘茶、入渓まで通常車が入りますが崩落地点は今回、歩いて40分位手前でした。
余計に林道歩きが必要です。

9:00
DSC00536.jpg

最初の釜付きの滝は巻きました
本日の遡行を暗示していた・・・
DSC00537.jpg
深い釜だったんですが今回の台風で右側は大分浅くなってます。
残念!

「登れるところが無いですね!」サイゴン氏は寂しそう・・
技術的には問題無いのですが水量が多いんでこんな小さな滝も巻きます。
セーフティ ファースト
DSC00534.jpg

エイッ
DSC00532.jpg
誰でも登れるけどね!

滝が3本もある。
中央突破で弱点を探す。
DSC00531.jpg
決定した様子
DSC00529.jpg

DSC00527.jpg

DSC00526.jpg

DSC00525.jpg

大変よくできました!

水量が多いんでこんな所も登れない・・・
左を巻きます(泣)
DSC00524.jpg

普通の感覚なら右を登れば簡単!
でも何故か沢登りは水の流れてるところを突破したくなる
滝に打たれて冷たいんで水際スレスレを登るオイラ
DSC00522.jpg

DSC00521.jpg

本当は核心じゃ無いけど水量の多い本日は1番でした。
DSC00520.jpg
攀じるサイゴン
DSC00519.jpg

DSC00517.jpg

あんな滝 こんな滝
マイナスイオンがいっぱい
DSC00518.jpg


DSC00516.jpg

なんてゆう花でしょう?
児玉さん教えて!
DSC00514.jpg

DSC00513.jpg

DSC00512.jpg

DSC00511.jpg

突然枯れる沢
といっても直前の画像が無いからイメージし辛いですね!
DSC00510.jpg

DSC00509.jpg

DSC00508.jpg

DSC00507.jpg

合流点で
右に水が流れ出すんで右を詰めて行く。
DSC00506.jpg

沢は必ず水が無くなる。
するとそこはいつもである。
今日は濃い藪を進む。
獣道が右に左にあるが決して踏まない。
目標は尾根オンリー
「トラバースします?」
「真っ直ぐ行く」・・・と譲らない
結局、20分で登山道。
※絵にならないんで藪と登山道は画像なし
 
 繰り返しますが、こんな簡単な沢でも事故注意!
 オイラの本能は沢登りにいつも注意しろ!と命令します。
 いつもは「」としか言わないが沢登りだけ家族に報告していきます。
 今朝は「マンキチかアマチャ」と言って出ました。
 家族は「?????」
 しょうがないから「尾鈴」と訂正しましたけどね!
 「万吉か甘茶」普通解らない・・・・・
 舌足らずの報告に質問は無い家族。あきらめられてます・・・・
 
13:40
終了!
DSC00500.jpg

さて本日は花火大会
明日のマラニックに備えてたった今から子供等を連れて行きます。
お父さんは土日が忙しい・・・・(汗)
[ 2007/08/04 18:41 ] | TB(1) | CM(5)

部活 

毎週水曜日はクラブ活動。
今年の五月から・・・
DSC00495.jpg

サウナ状態の体育館で
シャトルを追い続けます
DSC00496.jpg

真夏には限界が低いんで
後一歩は「取らないで」
と指導します。
DSC00497.jpg
アキレス切ったら何にもならないからね!
ウサギ接近中!
0705-00usagi.png
明日は台風対策で完徹決定!?今夏回目かなぁ??
[ 2007/08/01 21:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。