スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンプライアンスはグローバルスタンダード 

F1=元チャンピオンのピケ、車の運転免許取り消し
7月31日15時50分配信 ロイター



拡大写真

 7月30日、自動車レースの最高峰F1で3度ドライバーズチャンピオンに輝いたN・ピケ氏が、免許の取り消しを受け自動車教習コースの受講を開始。写真は昨年11月撮影(2007年 ロイター/Albert Gea)

 [サンパウロ 30日 ロイター] 自動車レースの最高峰F1で3度ドライバーズチャンピオンに輝いたネルソン・ピケ氏(54)が30日、ブラジル国内で自動車教習コースの受講を開始した。度重なる交通違反により、車の運転免許が取り消されたことが理由。現地メディアが報じた。
 ピケ氏はことし6月、一連のスピード違反や駐車違反などにより、運転免許が取り消されていた。またピケ氏の妻も同様に免許を失効しており、ピケ氏と一緒に教習コースを受講する。
 ピケ氏は通信社G1に対し「私たちは間違いを償わないといけないと思う」と述べた。
 ピケ氏夫妻は8日間で合計30時間のコースを受けなくてはならず、免許が再発行されるには試験にも合格する必要がある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070731-00000478-reu-spo
※・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
[ 2007/07/31 20:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

じんじかけちたじ! 

週末は阿蘇望に参戦出来ず、実家の農作業して来ました。
DSC00473.jpg
姻族の突然の不幸で阿蘇望はキャンセル。 土曜日に大分まで行ってトンボ帰り。阿蘇望で使うはずだった体力は日曜の朝から農作業で消費する事に。朝五時前から起き出して犬の散歩×1時間 6時からトラクターに乗り込んでゴボウの後を耕しに行くオイラ
DSC00468.jpg
↑画面の左上はかかじった後。
右側をかかじってます。

写真を撮ってたらロータリーの跡よ~く見ると曲がってます。
DSC00469.jpg

作業中の目線。
左前輪を見ながら作業するとトラクターはウネウネ曲がります。
畑の前方に目標を見つけましょう。
(ここではトラクターの左前方を畑の終わり辺りに真っ直ぐ走らせる感じ)
今朝は3反の畑と2反5畝の2枚。慣れないんで約3時間で終了。
DSC00471.jpg

本日のメイン
管理機での作業
DSC00484.jpg

↓この爪で畝の間を中耕する。オイラの担当
DSC00486.jpg

↓このディスクで耕した土を畝に跳ね上げる。伯父さん担当
DSC00485.jpg
生姜畑2枚。約3反5畝
猛暑の中、黙々と作業する。
↓ビフォー
DSC00487.jpg

↓アフター
DSC00483.jpg

「ちった、倒れちょっとがあったどが!」
「葉っぱが黄いりーなっちょとこもあったど!」
「そげらんとこは、じんじかけちたじ!」
DSC00481.jpg

↓しもずいのばっばんに借りてる、生姜畑。
DSC00480.jpg

すぐそこに高千穂の峰を眺めながらの作業。
収穫に向けて最後の農薬散布。
DSC00478.jpg

DSC00477.jpg

DSC00476.jpg

作業終了。
後は収穫を待つのみ。
DSC00475.jpg
本日の作業はうだる様な暑さの中、体中の水分が2回位入れ替わるんじゃないかと思われる程汗を掻きました。
途中本当にフラフラでした。
阿蘇望で走るのと変わらないんじゃないかと思いました。

我が家の田んぼ2反5畝
DSC00489.jpg

土用干し中
DSC00488.jpg
そういえば梅も干さないとね!

甘藷も大きくなりました。
DSC00482.jpg

レストランの昆虫。
DSC00447.jpg
行列が出来てました。
[ 2007/07/29 19:46 ] ショウガ | TB(0) | CM(0)

今日もうどんやさん 

今日は朝からクライミングのお手伝い
山岳競技会のビレイヤー
DSC00460.jpg

参加者オブザベーション中
DSC00459.jpg
暑くって撮影どころじゃないんでこの後映像無し。
ビレイしながら写真はどうせ撮れないしね!

で、帰宅。
あんまり暑いんで子供等みんな連れて
百姓うどんまでかき氷を食べに連れて行く
↓普通のカップ 170円
DSC00458.jpg

真打登場!
子供はこれでも十分喜ぶ!
お父さんはブログネタとも思ってたんでチョッと残念
運ぶ途中お店のおねえちゃんが崩壊させたんです
DSC00457.jpg

本当はこんな感じで出来上がって来ます。420円也
↓イメージ 
20070722171520.jpg

宮崎市民ならほとんどの人は一度は食べた事あるはずです。
そんな事は無いと思うけど・・・聞いた事くらいならあるかな?
DSC00455.jpg

DSC00454.jpg

食べてる途中寒くなって「日向ぼっこがしたい」
DSC00453.jpg

食べ終わる頃は「うどんが食べたい」・・・・・
[ 2007/07/22 17:37 ] 子供 | TB(0) | CM(0)

南小フェスタ 

今日は長男が学校のイベント
「下の子2人見ててね」
って言われたんで午前中水遊びさせて
デオデオにお買い物ついでで風船貰いに連れて行って
イオンの冷房で涼んでました。
お昼ごはんはやっぱりうどんがいいっていうんで
豊吉うどん たぬき2杯 おにぎり3個
DSC00461.jpg

[ 2007/07/21 17:02 ] 子供 | TB(0) | CM(0)

燕山荘から槍ヶ岳 

昨年の7月22日の撮影
携帯画像ですが・・・・
中房温泉~合戦尾根~合戦小屋~燕山荘⇔燕山往復
燕山荘~大天井岳に向かい歩き出した直後
↓クリックしてね!大きくなります。
012.jpg

東鎌尾根から槍の穂先には辿り着いたが
その翌日から大雨で槍沢~上高地に下山するのがやっとだった。
今年も槍を考えているが・・・・
さて、いつ出発できるのだろうか?
[ 2007/07/18 06:50 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

もうすぐ1月たちます 

わがやの田んぼ2反5畝
DSC00369.jpg
黄緑から

DSC00450.jpg

DSC00449.jpg

[ 2007/07/15 07:12 ] 農業 | TB(0) | CM(0)

本庄の石仏を見てきました 

DSC00431.jpg


この山を観音山とも呼び、これより120メートル登ったところに観音堂があり正観自在菩薩た安置されています。
観音様にはこの岩の間を通って参拝しないとご利益が無いと言われており安産で、すこやかに育つ子供への夫婦の願いがこの岩に秘められていると云い伝えらています。
DSC00432.jpg

硯の水
1.2メートルの円形の岩に特殊の工法によって作られたか、または、自然の水たまりか、「堂の脇に日羅加持之水有之不生不滅之水と申伝へ候」どのような干天にもこの岩の水が枯れた事がないといわれ、その昔ここに書院が造営され僧侶達がこの水を使って写経したと言い伝えられています。僧侶達の厳しい写経の修行を行った往時が偲ばれます。
この硯の水を使用して書道に精進するよたちまち上達するといわれています。
DSC00425.jpg

DSC00424.jpg

田尻の磨崖仏
県指定文化財(昭和8年) 「本庄の石仏」
地上より光背上端まで約5.8メートルの真東に向かって岸壁に彫られた県内最大の磨崖仏です。
慈悲深く端麗な容姿から
薬師如来像と言い伝えられています。
右手を上げた施無畏印は民の恐れを去らせる意味があり
同時に無病息災を念じているお姿です。
奥の院らしい静けさに包まれた当地は遠い昔の様子を偲ばせます。
この仏像の左右にも磨崖仏の六観音が彫られていましたが
風化がいちじるしく現在は左側にかすかに確認されるのみです。
DSC00423.jpg

※磨崖仏(まがいぶつ)は、そそり立つ岩壁や岩壁を龕状に彫った内側に刻まれるなど、自然の岩壁や露岩、あるいは転石に造立された仏像を指す。切り出された石を素材に造立された石仏(独立石仏)は移動することが可能であるが、磨崖仏は自然の岩壁などに造立されているため移動することができない。


DSC00422.jpg

DSC00419.jpg

DSC00418.jpg

不動明王と観音像
左に観音像、右に不動明王がこの岩に相対顔して刻まれ石仏寺の山門をなしております。
この岩間の参道は約3メートルありましたが不動明王の刻んである岩が倒れ観音像の頭部をつぶし今はその一部が残っています。
刀法は決して凡作のものではないといわれ不動明王が持つ剣先には、生首がささっており他に見られぬ不動尊であります。
又この岩の下は、心清き人のみが通行でき悪事を働く者は不動明王の怒りを受けて通り抜ける事が出来ないと云い伝えられています。
DSC00414.jpg

黄色の線の様に立っていたんだと思われます。
DSC10414.jpg


暗くて分かりにくい画像ですが
不動明王
DSC00417.jpg

DSC00416.jpg

石の賽銭
この平べったい石は向かって左側に刻んである観音菩薩像に
「生まれ来る子供の安産とすこやかな成長」を祈る人々が、
願いをこめて捧げ投げ上げた。
石仏信仰の意思の賽銭と思われます。
お金が十分に流通していない昔の時代の事です。
観音菩薩像の上のくぼ地にこの様な平べったい石の賽銭が何千個とあります。
この石仏の開基は六世紀の頃であり、石の賽銭も当時からの信仰の名残と思われます。
DSC00415.jpg

[ 2007/07/12 19:35 ] ローカル | TB(0) | CM(0)

祖母~傾 敗退の記録 

足りないのではと思うくらい大胆に荷物を減らせば、スピードはあがるし、大自然を強く感じられる。エキスパートになるにしたがい、体につけるものは少なくすべき。
http://www.evernew.co.jp/outdoor/yasushi/yasushi3.htm
ネットで見つけた山野井泰史氏の語録集にひどく打たれてしまいました。

「僕の山行は、どれだけ荷物を減らせるのか?自然をどれだけ感じられるのか?」
↑今回のテーマをコレに決めてみました!決して自分を勘違いしている訳ではなく、単純に軽量化を体験してみたいだけ。彼はクライマーで僕はハイカー立場も全く違います 
 
 4年前、職場の健康診断で肥満、アルコール性肝機能障害疑、高脂血症疑、高尿酸血症疑と診断され 、。の文字が取れて本当の病気にならないように、重い腰を上げて始めた運動習慣。
今自分の持久力はどれだけなのか?
測る物差しはいくつかあるが、今回登山で、縦走という行為で計測してみたかった。
 
 そこで、考えたのが「秋にやった縦走をどれだけ短縮できるのか?」だ。
夏の遠征山行に向けて、どれだけ動けるかテストにも十分なる。
語録集に出会ったのはは火曜日。実行は今週の日曜日、なので準備は当たり前だが全くしていない(最近の山行はありんこの会の白鳥が最後)我ながら無計画の無謀な山行である。
計測する持久力は自分自身なので誰も誘えない。
本当はこっそりサイゴンさんを誘うが体力不足を理由に全く相手にされない 
秋はテント持って縦走だったのでそれなりの装備でそれなりの重量だった。
秋の行動時間は2泊3日で23時間30分となっている。
今回重量を5K(ツェルトとカッパ、ヘッドライト、携帯、ライター、それに水と行動食のみ)と想定し計画。その時は15k以上あったと思うので10kは減らせる事になる。
これで行動時間はどれ位短縮できるのか?
10k(重量)×23.5h(行動)×30k(距離)の運動量が軽減される訳だ。
算数の知識がないので(泣)計算が全く出来ないが単純に考えると大幅に時間短縮することが出来ると思う。おおざっぱに考えて5時間半位は短縮できるだろう(根拠は無い、あくまで希望OR妄想)とし、最低18時間行動を予定。
よって1ビバーグは必要とする事とした。
 
 早速ツェルトの手配。水曜日、携帯のメールでサイゴン氏に日・月空いてる?
「ハイどうぞ、でも私は付き合いません」と・・
梅雨終盤で毎日の雨。木曜からは天気予報チェック三昧。

 とうとう土曜日。決行か、中止か?
この時点で宮崎県北は大雨警報が・・
やめる理由には充分である。でも日曜はくもりの予報。
やめた後の後悔と、やめる理由の重さを天秤に掛ける事を最近覚えた。
「ツェルトまで借りたんだよ?」「でも警報が・・」「じゃ止めたら」
しばし逡巡、「やっぱり行きたい」で決行決定は13時。決めたら早い。
携帯する荷物をさっさと車に載せて上畑へ。
到着は19時、何もする事が無いので1人で前夜祭。
焼酎をあおる。
1人しかいない九折登山口。そうでなくても呑むのであるが、本当に寂しいので呑むしかない。

目が覚めたのは午前3時
準備を整え4時出発。ウォーミングアップと焼酎抜きを兼ねて健男社まで歩く
ヘッドランプも付けずに歩く真っ暗な林道。
濡れたアスファルトに蹄の音。
軽いのでたぶん鹿こんな所で正面にこられると怖いので活字にならない言葉で
大声で怒鳴る事3回!!!鹿君に気づいてもらい正面衝突は回避。
とぼとぼ歩く事45分で登山口。

登山口看板
DSC00408.jpg

地元の人の流し台。スポンジと洗剤が置いてある水場で水を汲ませてもらう。
DSC00405.jpg

5時に出発した登山道にも朝日が差し込む。
DSC00402.jpg

1204を6:18に通過。障子6:47通過。大障子7:42朝食をここで摂る。
確かその周辺で撮った画像。祖母はまだ遠く見える。
DSC00401.jpg

池の原8:44。尾平からの登山道との交差点9:01通過。
宮原では視界開けず。
DSC00400.jpg

祖母のテン場でオオヤマレンゲ?が可憐な花を咲かせて出迎えてくれる。
DSC00399.jpg
撮影しようと思い取り出したところメールの着信。サイゴン氏
「強行ですか?」「祖母のテン場です」と返信。「はや!」と・・「がんばります」と2通づつ交換。

行動食の基本。薄皮あんぱんで補充
DSC00398.jpg

祖母直下九合目小屋周辺で。
DSC00397.jpg

10:00
DSC00395.jpg

これから取り付く主稜線。
DSC00394.jpg
当たり前?だが、登山道では誰にも出会わない。
鹿の足跡をいつまでも追いかける静かな縦走路。

天狗岩。この方角から観ると天狗に見える。ウン
DSC00391.jpg


ヤマボウシ?も花盛り
DSC00390.jpg

古祖母11:40通過。この頃からだんだん天気も怪しくなる。
DSC00389.jpg

相変わらず何も見えない。
DSC00388.jpg

ここから尾平越まで一気に400以上下る。12:23通過。ブナ広場12:40。
DSC00387.jpg
ようやく中間点。
DSC00386.jpg
ここから本谷までは緩やかな上り、だが脚はいう事を聞かなくなる・・・雨も本格的になりカッパを着ける。記録も出来ないので記憶する。
本谷山13:50通過。笠松山14:40通過。
笠松からは下るのみ九折小屋3:15。
本当ならここで一泊の予定だった。
が予定より早いので行くか泊まるか迷う。
行くには1時間ほど時間が足りない。
泊まるには早すぎる。
仮にヘッドランプ付けて下山できたとしても増水しているので、観音滝の上で渡渉が出来ない。林道迂回をしなければならないのでさらに時間がかかる。
この先でツェルトを使ってビバーグするほどの計画でもない。
(サイゴン氏のお守り代わりのツェルトは新品で未使用)
祖母~傾。課題を残すのも今後に良いトレーニングのモチベーションになる。
今回どれだけ行動できるかがサブテーマなのでここで下りたほうが一日の行動量は多い。
よし止める理由作りなら任せろ
つづらからは沢の音を聞きながら下るだけ。
駐車場で13時間待っていてくれた愛車。
17:00終了
DSC00383.jpg


昨年の夏に引き続き課題を残す山行となってしまった、が、今後のトレーニングの励みになります。きっと。
1人じゃ寂しいので今度は誰かを捕まえて秋頃再チャレンジします。


↓行動食の残骸
DSC00385.jpg

[ 2007/07/08 20:30 ] 登山 | TB(0) | CM(0)

合同練習 

阿蘇望に向けての練習 第2回
DSC00378.jpg
ロードレーサーって携帯カメラで写しながらでも
27.3km位簡単にでちゃうんですよね。
DSC00377.jpg
ジョギングとは全然違うスピードで楽~チン

かなり早い昼食。
日向一の宮 都農神社横のうどん屋さんで・・・・
我慢できずに缶ビール1本下さい。
DSC00376.jpg
プハ~っと! ちなみに奥の人は飲んでません。

本当は綾~農免道路を日向に向けて走れるだけ走る!予定でしたが
前回の餌切れ←体脂肪18%でぇ?の反省から「昼食がっつり!」
をリクエストしてコースを迂回してもらいました。
やっぱり遠い阿蘇望への道・・・・・
DSC00375.jpg
肉うどん500円


結局 
綾サイクリングターミナル~農道、県道経由~都農~海岸線~R10川南交差点~
山本小~県道~農道経由~サイクリングターミナル 
 タイム 5.54.18
 距離  127.35
 max   52.7k
 av 21.5k

前回のひなもりコースはavが18.2kだったから今回はずいぶん
楽勝でした。天気が良過ぎて後半、熱中症の心配はありましたが。
おかげで昼食後の画像なし。
さて、再来週はどこを走ろうかな?
海の日にはの計画もあるし・・・・

[ 2007/07/03 19:01 ] 自転車 | TB(0) | CM(2)

松の剪定 

七夕前の毎年恒例の作業
DSC00381.jpg
今年の春から一気に伸びたの枝の整理作業
一芽一芽、剪定ハサミでパチン、パチンと根気よく続けるしかない。
DSC00380.jpg
剪定して秋に短葉を揃える為に弱い芽から切る。
のが本当。らしい。サラリーマンはそんな事はしない。
この松の手入れは年に一回きりだから枝の剪定も兼ねる。
芽の勢いと不要な枝とを考えながらの作業。
出勤前の1時間位を当てるのが精一杯だから、弱そうな棚から整理して行く。
DSC00379.jpg
一芽一芽1000ピースのジグソーパズルを完成させる位の気持ちで剪定します。
仕事に行く前に少しづつしか作業が出来ないので、一週間くらいかかります。
波平さんの気持ちも解る歳に・・・・(汗)
[ 2007/07/03 18:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。